SMBC信託銀行18通貨対応の多通貨Visaデビットはお得ではない!

最終更新2019/07/29

最近海外で利用すると便利そうなカードがあります。しかしサービスの内容を調べないと、便利そうで割高な手数料がかかるカードがあります。

その一つが、SMBC信託銀行、18通貨対応の多通貨Visaデビット一体型キャッシュカードです。

※対象となる18通貨 日本円、米ドル、豪ドル、ニュージーランドドル、英ポンド、カナダドル、ユーロ、スイスフラン、シンガポールドル、香港ドル、中国人民元(※)、タイバーツ、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ。(※)中国人民元の取り扱いは、オフショア中国人民元のみ

2019年7月29日現在、SMBC信託銀行のサイトに情報はありません。EXCITEニュース SMBC信託銀行、18通貨対応の多通貨Visaデビット一体型キャッシュカード開始 2019年7月25日 の画像から説明します。

1ページ目

2ぺージ目

割高な両替コスト

※中値と円から外貨へを比較
よって主要通貨(※)の両替コストは1%程度前後です。(中値と両替レートとの開きは1円)

(※)アメリカドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、イギリスポンド、カナダドル、スイスフラン、ユーロ

その他通貨1(香港ドル、タイバーツ、ノルウェークローネ、南アフリカランド)の両替コストはさらに割高です。

その他通貨2 シンガポールドル、中国人民元、トルコリラ、メキシコペソ、スウェーデンクローネ、デンマーククローネは、円預金からの両替のため3%~の両替コスト?だと思われます。

これでは、ソニー銀行の外貨両替コストより割高になります。

そしてSMBC信託銀行の場合、前もって利用額を外貨両替しておかないと、円残高から引き落とすと3%の割高な両替コストがかかります。

円預金からの自動引落しの両替コストは、VISAのレートに3%上乗せ

もともとVISAの適用レートは、1%前後上乗せされているので4%程度?の両替コストがかかります。

たしかに前もって有利なレートで外貨に替えておけるのは便利です。

しかし、取扱い通貨数では劣りますが、ソニーバンクウォレットなら、外貨預金からの引落し、円預金からの引落し ともずっとお得です。→ソニーバンクウォレットは10ケ国で最強のデビットカード

これから確認が必要なこと!!

SMBC信託銀行のデビットカードが不正利用されたときの対応が不明です。(ソニーバンクウォレットの場合、不正利用が発生した30日後まで保障されます。→ソニーバンクウォレット 現金払いよりも安心・便利→不正利用の保障)

その他デビットカードのデメリット

  1. 支払いをキャンセルすると、返金に1ケ月程度かかる。
  2. 不正利用されて連絡しても、返金まで1ケ月程度かかる。

ことがあります。

少額ならよいですが、まとまった金額なら返金されるまでそのお金を使うことができないのは困ります。クレジットカードの方が便利な時があります。

クレジットカードのメリット

1.現地国で現金が必要なら、日本のクレジットカードを使った海外キャッシングと繰り上げ返済がお得になります。→のむてつさんのサイト国際キャッシュカードと海外キャッシング比較

2.カード支払いのキャンセルは簡単です。不正利用されても、カード会社にすぐに連絡すればすぐに取り消すことができます。

以前のSMBC信託銀行のキャッシュカードよりは取扱い通貨数が18まで増えてお得でしょう。しかし前もって外貨に両替しておけることくらいがおとくなメリットといえるくらいでしょう。

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です