残念!Revolutが無料アカウントユーザーへの料金導入を発表

最終更新 2020/06/16

finews.comが、Revolut: A Normal Bank – Unfortunately

で、2020年8月12日からスタンダード会員への手数料が始まることを伝えています。

〔その内容〕

  • 海外送金手数料 1回1.05ドル
  • 無料両替注文の上限 1,250フランに引き下げ(どこの通貨か不明)
  • 週末の注文に課せられる手数料 0.5%→1%%に引き上げ

記事の内容のDeepLによる翻訳と原文を対比して載せておきます。

〔日本語翻訳と原文の対比〕

Revolutが無料アカウントユーザーへの料金導入を発表しました。これは顧客を怒らせることになるだろうし、機会を逃す方法の完璧な例である。

Revolut has announced the introduction of fees for free account users. This will anger customers and is a perfect example of how to botch an opportunity.

英国を拠点とするデジタル銀行Revolutを取り巻く騒動は、ここ数日でかなり大きくなってきた。同社は、無料アカウントの顧客に対して、無料サービスを利用する時代は終わりを告げたと電子メールで発表した。

The noise surrounding U.K.-based digital bank Revolut has just become a fair degree louder in recent days: the company announced to its free-account customers in an email that the days of using a service free-of-charge were numbered.

“私たちは、あなたのお金からさらに多くを得るためにどのように私たちが助けることができるかについて何千ものあなたと話をしてきました, ” 紹介文だった. 手紙の残りの部分は、Revolutがどのようにしてクライアントにサービスを提供することで、より多くのお金を稼ごうとしているかに費やされていました。

«We’ve been talking with thousands of you about how we can help you get even more from your money,» was the introductory statement. The remainder of the letter was devoted to how Revolut was going to make more money from serving its clients.

1回の取引で6フラン

As Much as 6 Francs per Transaction

そして、2020年8月12日から外国為替手数料が導入されます。その日から、海外への送金には、それぞれの国の通貨での取引で1.06ドル、ドルでの取引で4フラン、それ以外の通貨での取引で6フランの手数料がかかるようになります-例えば、ブラジルの人にポンドスターリングを送りたい場合など-。

And that’s why it will introduce forex fees on August 12, 2020. From that day onwards, sending money abroad will cost $1.06 for a transaction in the respective country’s currency, 4 francs for transactions in dollar and 6 francs in any other currency – for instance, if you wish to send pound sterling to someone in Brazil.

さらに、無料両替注文の上限が1,250フランに引き下げられ、週末の注文に課せられる手数料は0.5パーセントから1パーセントに引き上げられます。

Furthermore, the upper limit for free exchange orders will be lowered to 1,250 francs and the percentage charged for orders on weekends increased to 1 percent from 0.5 percent.

迷走する創業者

A Founder Going Astray

それは銀行の顧客のかなりの割合を怒らせるだろう。Revolutの顧客の大多数は、コストが低く、手数料がほとんどかからないという理由で、海外での支払いを行うためにデジタルバンクのサービスを利用しています。

That will anger a substantial percentage of the bank’s clients. A large majority of Revolut clients has used the services of the digital bank to make foreign payments precisely because costs were low and fees almost inexistent.

だから、無料と宣伝されているサービスの手数料を導入することは、少し皮肉以上のものです。これは、フィンテックではなく、普通の銀行がどのように振る舞うことを期待しているのかを表しています。少なくとも、このような行動のために会社を立ち上げたRevolutの創業者のように、銀行に対して同じような見解を持っているのであれば、このようなことはありません。

So to introduce fees for a service that has been advertised as free of charge is more than just a little ironic. It smacks more of how you’d expect a normal bank to behave and not a fintech. At least if you held a similar view of banks as the founder of Revolut, who had launched his company precisely because of such actions.

カットと離脱

Cuts and Departures

また、同社がどのタイミングで変更を発表することを選択したのか、という点にも感慨深いものがあります。Revolutは、通常、その業績について強気であったが、パンデミックのロックダウン中に収益が減少したため、手数料の引き上げを余儀なくされたようである。

It is also poignant at what point of time the company has chosen to announce the changes. Revolut, which has been typically bullish about its performance, seems to have been forced to raise the fees because of a drop in revenues during the pandemic lockdown.

5月にRevolutのニコライ・ストロンスキー最高経営責任者(CEO)は、最近締結した資金調達ラウンドの後、銀行は潤沢な資金を得ており、買収を検討していると主張した。それは、12人以上の銀行のマネージャーの離職と60人の雇用削減の発表についての報道の直後のことでした。

Revolut CEO Nikolay Storonsky in May claimed that the bank was awash with money after a recently concluded financing round and that he considered making acquisitions. That was shortly after reports about the departure of more than a dozen of the bank’s managers and the announcement that it would cut 60 jobs.

奇妙な方法

Strange Ways

オンラインマガジン「Wired」のレポートによると、ポーランドとポルトガルではさらに50の雇用が危機に瀕しているという。元従業員によると、ある朝、上司のオフィスに呼び出され、辞職するかクビになるかの選択を迫られたという。

A further 50 jobs are on the line in Poland and Portugal, according to a report by «Wired», an online magazine. And the way of disposing of the workers raises some questions: ex-employees have said that they were called into their manager’s office one morning and told to choose between resigning or being sacked.

元従業員はある朝、マネージャーのオフィスに呼び出され、辞職するかクビになるかの選択を迫られたという。

And the rest of the staff were said to have received one part of their salary in recent months in stock, more or less voluntarily.

Revolutは、年末までに利益を上げるという目標を達成するために、そのような方法を使っている。コロナ危機は、その努力を妨げているように見える。Revolutは、オンラインショッピングを後押しした留守電から利益を得ていない非常に少数の決済フィンテックの一つであるようだ。

Revolut is using such methods to reach its goal of profitability by year-end. The corona-crisis looks to have hampered its efforts. Revolut seems one of the very few payment fintechs not to have profited from the stay-at-home message that boosted online shopping.

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です