Revolutのカード支払いとATM利用

最終更新 2020/11/18

【重要な情報!】 日本と海外両方でrevolutへの登録は控えることをすすめます。

revolutではまだ確認していませんが、日本の監督官庁の新しい制限のため、TransferWiseで日本と海外の両方から送金できるように登録すると以下のトラブルが起こっています。

1.日本に在住する利用者とマルチカレンシー口座間で送金できません。(海外→日本への送金は銀行口座入金のみOK)→TransferWise マルチカレンシー口座を使いこなすには、日本に加え海外では登録しない方がよい。

2.海外から日本へ送金できなくなった国がある。(例:マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアなど)→【緊急】TransferWise 日本へ送金できるか確認!+マルチカレンシー口座間送金はできる??

revolutとTransferWiseは、同様のサービスのため注意が必要です。

Revolutカードは、どのように使えるでしょうか。

1.現地ATMでの引き出し

2.外貨残高からのカード支払い(22通貨)

3.22通貨以外でのカード支払い、ATMでの引き出し

に分けて説明します。

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

まず、利用する通貨の口座と必要な外貨残高を用意してください。その方法は、Revolutでの外貨への両替 に説明しています。

新規通貨の口座開設は、ホーム画面のそれぞれの通貨の横、さらに新規をクリックしてふさわしい通貨を選んでください。

 

【注意!】 Revolutカードでの支払ってキャンセルする場合、どのくらいの日数がかかるか不明です。信頼できるキャンセルする必要のない支払先で利用することをすすめます。

【参考情報】若干の両替コストはかかりますが、利用額に制限がない10通貨に対応するソニーバンクウォレットがあります。→ソニーバンクウォレットは10ケ国で最強のデビットカード

1.現地ATMでの引き出し

22通貨の場合、日本円換算で25,000円以上の現金引出しには、2%の手数料がかかります。RebolutのPersonal Fees Spend には、「Free withdrawals up to £200 per rolling month, then a fee of 2% of all withdrawals above this.」と説明があります。

手数料無料で利用できる額は、左下のアカウントから確認できます。

 

ですから、Revolutカードは基本的にカード支払いに利用するのがお得です。

2.外貨残高からのカード支払い(22通貨)

外貨残高の範囲+円残高の範囲で現地通貨国やその通貨で支払えるネットショッピングでの支払いに利用できます。

そしてrevolutの22通貨の適用レートには両替コストは含まれていないので、日本のクレジットカードなどで支払うよりお得になります。

※VISAやMasterの適用レートは実際のレートに1%程度上乗せされています。(Amexなら2.4%)よってRevolutで利用できる22通貨なら、日本の他のクレカより外貨残高から支払う方がお得です。

※※revolutカードはデビットカードなので、キャンセルしない支払いに利用しましょう。(と返金まで日数がかかるため。)

以下の準備をしておくと良いでしょう。

  1. Revolutにふさわしい円残高を入金しておく、もしくは円残高を入金するカードを用意する。
  2. 前もって利用する通貨の口座を作っておく。
  3. ふさわしいレートで外貨に両替する。

手数料無料で両替できる額は、左下のアカウントから確認できます。

気を付けたいのは、カード支払いするときに外貨残高が不足する場合です。外貨残高からの引き出しはまったくなく、全額円残高から引き出しされます。(外貨残高はそのまま残ります。両替コストは原則無料ですから、支払予定だった外貨を円に両替してもよいわけですが。)

ブログ管理者がi-herbでサプリを購入した例

(1回目:10ドルを用意して23.6ドルの購入)

  

23.6ドル分を翌日に円残高から引き落とされています。(ドル残高からの引落はゼロ)

2回目(1回目:30ドルを用意して17.18ドルの購入)

すぐに米ドル残高から引き落とされています。

3.22通貨以外でのカード支払い、ATMでの引き出し【準備中】

1.カード支払い

うれしいことにRevolutを利用できる22通貨以外の通貨で支払うとき、VISAの適用レートに手数料はかからないのでお得です。

※クレジットカードに付くポイントはたいいてい0.5-1%程度です。そして日本のクレジットカードでは1.6%~2.5%、デビットカードでは1.6~3.5%程度の両替コストが上乗せされたれ両替レートが適用されます。

2.【準備中】ATMでの現金引出し

これについてはまだ利用したことがありません。

以上、Revoutカードは、海外で活動する人、海外でのショッピングをする人にたいへんお得です。

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です