Revolutの外貨への両替

最終更新 2020/11/18

【重要な情報!】 日本と海外両方でrevolutへの登録は控えることをすすめます。

revolutではまだ確認していませんが、日本の監督官庁の新しい制限のため、TransferWiseで日本と海外の両方から送金できるように登録すると以下のトラブルが起こっています。

1.日本に在住する利用者とマルチカレンシー口座間で送金できません。(海外→日本への送金は銀行口座入金のみOK)→TransferWise マルチカレンシー口座を使いこなすには、日本に加え海外では登録しない方がよい。

2.海外から日本へ送金できなくなった国がある。(例:マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアなど)→【緊急】TransferWise 日本へ送金できるか確認!+マルチカレンシー口座間送金はできる??

revolutとTransferWiseは、同様のサービスのため注意が必要です。

Revolutは、以下の点でたいへんお得です。

【スタンダード会員カード】

1.主要通貨ならウィークデイ(平日)の両替コスト無料(※注1)で両替できます。(一部の通貨では両替コストがかかります。例:タイバーツ、ウクライナフリヴィニャは1%、日本では暗号通貨と貴金属の口座はまだ利用できません。)

2.Revolutカード(VISAカード)で、直接外貨残高から支払うことができます。※前もってRevolutでその通貨の口座を用意してください。くわしくは→Revolutの支払い(別記事)をご覧ください。

※注1:両替コストゼロで両替できる額、現地国のATMで引き出せる金額は会員のステータスで異なります。くわしくは→Personal Feesをご覧ください。

〔ステイタスによる主要な違い〕

  • スタンダード会員:月750,000円程度まで(年会費無料)
  • プレミアム会員:両替限度額なし(月額980円、最低12ヶ月継続〔年額9,800円〕)※ATM利用限度額には制限あり。
  • メタル会員:両替限度額なし(月額1,800円、最低12ヶ月継続〔年額18,000円〕)ATM利用限度額や空港のラウンジ利用に、プレミアム会員以上のサービスがあります。

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

Revolutは、以下の理由で日本のクレジットカードよりお得です。

(1)Revolutの両替コストは基本無料⇔日本のクレジットカードなら、カード支払いするときの両替コスト1.6%~2.5%

(2)円レートが有利な時にRevolutでまとめて両替しておける。⇔日本のカードは利用するときのレートが適用

(ただし日本のクレジットカードに付いてくるポイントはありません。)

〔参考情報〕

ソニーバンクウォレットは、ある程度の両替コストはかかりますが、両替額に制限はありません。10通貨へ両替でき、ソニーバンクウォレットでカード支払いができます。→ソニーバンクウォレットは10ケ国で最強のデビットカード

【外貨残高を持てる22通貨】

〔北米〕 米ドル、カナダドル、

〔アジア〕 アラブ首長国ディルハム(※両替コストあり)、香港ドル、イスラエス新シェケル、カタールリアル、シンガポールドル、タイバーツ(※両替コストあり)、新トルコリラ、

〔オセアニア〕 オーストラリアドル、NZドル、

〔ヨーロッパ〕 スイスフラン、チェココルナ、デンマーククローネ、ユーロ、英ポンド、ハンガリーフォリント、ノルウェークローネ、ポーランドズロチ、ルーマニアレイ、スウェーデンクローネ、

〔アフリカ〕南アフリカランド、

両替の準備として、

  1. 日本円残高をを日本のデビットカードから準備します。
  2. 初めての場合、外貨口座を作ります。

1.日本のデビットカードからふさわしい残高を用意します。

※注:クレジットカードから入金すると送金することができません。カード支払いにのみ利用可能です。

2.外貨口座の開設

初めて外貨口座を持つなら、初めに外貨口座をつくります。

1.ホーム画面で、円残高のをクリックする。

2.「新規」をクリックして、利用したい外貨を選びます。(ごめんなさい、すでに選んでいるため水色で隠しています。)

3.以下の画面になります。(米ドルとシンガポールドルを選びました。)

これから両替になります。

円➡外貨への両替

円から10米ドルへの両替の例について説明します。

1.ホーム画面から、「」をクリックします。

2.現れた画面で「両替」をクリックします。

ここではすぐに米ドルと円の両替画面が出てきました。(もし違う通貨へ両替したい場合、外貨(ここではUSD)のをクリックし、ふさわしい通貨を選んでください。)

両替したい額(例:10ドル)を入力すると、JPYに-1,070と表示されます。(※円で入力してふさわしい米ドルを表示することもできます。)

両替レートと額に問題なければ、「両替」をクリックします。すると以下の画面になり、両替が完了しました。

 

残高にも反映されています。

注意!この方法では両替できません。

ホーム画面で外貨を選び、「+チャージする」をクリックしても外貨残高に両替できません。必ずホーム画面で「」、そして「両替」をクリックしてください。

これで、Revolutを利用した外貨への両替ができました。

次に、Revolutカードを使った外貨での支払いについて別記事で説明します。

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

【追加情報】

Revolutカードはデビットカードですから、2020年6月現在海外で円残高から直接支払うことができます。

ところで、海外でRevolutカードの円残高から支払ったときの両替コストゼロとたいへんお得です。(マレーシアで2020/6/5にショッピングした時の両替レートは0.0394、その日のVISAの適用レートは0.03945とほとんど変わりませんでした。→VISAの適用レート調べ

日本のクレジットカードならポイントが付いてきますが、1.6%も付くカード会社はあまりありません。まとまった金額の安全な支払先なら、前もってRevolutカードに入金してから支払うと支払額を節約できます。

Revolutカードを利用したキャッシュレスの支払いとATMの利用については、→Revolutのカード支払いとATM利用 に説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です