70万円までの海外ショッピングはrevolutがおとく+注意する点

最終更新 2021/01/14

日本にあるお金で海外の店舗やネットショップで買い物をするとき、revolutカード外貨に両替してからカード支払いするのが一番お得!!です。

※一般会員でも、主要通貨なら月75万円まで両替コストゼロで外貨に両替でき、その通貨の残高のままカード支払いできます。

【参考情報】

見えない一番割高な手数料がかかるのはPayPalでそのまま支払う方法で、なんと4%近い両替コストがかかります。(適用する両替レートをクレジットカードの両替コスト1.6-2.4%に変えて利用できます。参考情報 PayPalで海外ショッピングをするときの節約方法)でもreolutカードなら月70万円までなら両替コスト、その他手数料はまったくかかりません。

revolutカードを利用するときの注意

こんなお得なrevolutカードでですが、以下の点に注意してください。

1.支払い金額を超える額を、前もって通貨残高に入金しておく。

カード支払いする前に、前もって円で入金し支払う外貨に両替しておきます。もし外貨残高が不足すると(外貨残高はそのまま残り)翌日に全額円残高から引き落しとされます。

2.ホテルやレンタカーなどのデポジット支払いには利用しない。

後で簡単に取り消しできるクレジットカードを利用しましょう。デビットカードでは支払い能力の保証にならず、また返金に手間と日数がかかります。

3.信頼できる店舗で利用する。ホテルやレンタカーの予約には利用しない。またキャンセルしない支払いに利用する。

というのは、クレジットカードの場合以下のメリットがあります。

  • 不正利用されたとき取引を承認しないと、取引自体を取り消しできます。
  • カード会社がホテルやレンタカー会社に対して支払い能力を保証します。
  • デポジットとしてカードで一時払いしたデポジットの取り消しは簡単です。

しかしデビットカードの場合、以下のデメリットがあるためです。

  • 不正利用された金額はすでに残高から引き落とされているため、返却に手間がかかります。
  • ホテルやレンタカー会社に対して、カード保有者の支払能力を示すことができません。
  • 支払いをキャンセルすると返金には数日~1ヶ月かかり、お金が戻ってくるまで使えません。

 

さて10万円の海外ショッピングしてカードで

支払うとき

  • PayPalで支払うと8,000円(4%
  • 日本のクレジットカードを使った外貨支払いなら1,600~2.500円(1.6~2.5%

そしてクレジットカード支払いして付くポイントは、せいぜい1%、1,000円くらいです。

しかし、revolutのデビットカードなら、月75万円までまったく手数料がかからず5にカード支払いできます。

海外ショッピングではrevolutカードを賢く使って、大切なお金を節約しましょう。

 

revolutの申込は

→ revolut からできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です