Revolutの会員間送金、国内送金とその他サービス

最終更新2020/11/118

【重要な情報!】 日本と海外両方でrevolutへの登録は控えることをすすめます。

revolutではまだ確認していませんが、日本の監督官庁の新しい制限のため、TransferWiseで日本と海外の両方から送金できるように登録すると以下のトラブルが起こっています。

1.日本に在住する利用者とマルチカレンシー口座間で送金できません。(海外→日本への送金は銀行口座入金のみOK)→TransferWise マルチカレンシー口座を使いこなすには、日本に加え海外では登録しない方がよい。

2.海外から日本へ送金できなくなった国がある。(例:マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアなど)→【緊急】TransferWise 日本へ送金できるか確認!+マルチカレンシー口座間送金はできる??

revolutとTransferWiseは、同様のサービスのため注意が必要です。

Revolutなら、円や両替した通貨で

  • カード支払いやATMでキャッシングする。
  • revolut会員間で手数料なしで送金する。

ことができます。

Revolutのサイト→サービス→送金と入金 から説明します。

Revolutユーザーのお友達とは手数料無料で即時決済

  • 他のRevolutユーザーへの送金や請求は手数料無料ですぐに実行できます。面倒な口座情報のやり取りも不要です

  • 30種類以上の通貨、または商品あるいは仮想通貨で送金できます

  • 主要通貨の両替はいつでも、銀行間為替レートで取引できます

つまり、世界のどこにいても、日本円以外であっても残高のある外貨からRevolut会員間国内送金手数料なしでできるということです。お互い銀行口座がなくても受取人が求める通貨で送金できます。(日本では商品や仮想通貨の取扱い、また送金はまだできません。)

revolutにスマホの名簿へのアクセスを許可すれば、revolut口座がある受取人(下の画像のRのマーク付)が表示されます。その先へ送金する通貨残高を選んで送金するだけです。(そのほか連絡先を追加できます。しかしすでにrevolutに口座開設している必要があります。)

※2020年10月下旬の新しいバージョンでは、受取人へのメールの送信はなく、直接受取人のマルチカレンシー口座へ入金されます。

注意!海外でrevolutを使っていて、さらに日本でも利用を始める人は注意が必要です。同様のサービスであるTranferWiseでは、現在日本以外でも送金できる口座を持つ人はマルチカレンシー口座間での送金ができません。

サポートについて】 アプリの右下の アカウント →?マーク→さらに下にスクロールし、『チャット』からサポートを受けてください。(24時間、ただし不在の時があります。※+81 3 4500 9938は2020年10月中旬ではつながりません。)

日本語対応がいっぱいの時は、日本語がわからない担当者ですが翻訳ツールを使って対応してくれるのはうれしいです。

 

【両替コスト無料の限度額】

スタンダード会員の場合、1ヶ月750,000円まで両替コストを上乗せしない銀行間為替レートでの両替ができます。(プレミア会員なら両替額に制限なし、ただし年会費9,800円)

あとどのくらい手数料無料で両替できるかは、左下のアカウントをクリックし下にスクロールすると簡単にわかります。

銀行振込をシームレスに実行

  • お友達への支払いも請求書の支払いも、手軽な口座振込で(利用できる場合。英国のFaster Payments、ヨーロッパのSEPA Instantなど)

  • 人気の店舗や慈善団体を検索、もしくは、手間要らずの送金はQR IBANをスキャンしてください(近日登場)

最近、観光ビザだけでなく短期留学やワーホリビザでは、銀行口座を持てない国が増えています。(口座開設できてもアポを取って出かける、一定残高を求められるなど面倒です。)

そんな国で活動するとき、スマホから住所を示す書類とパスポートをアップロードするだけで銀行口座と同等のサービスを受けられるのは助かります。

〔参考情報〕 銀行口座への送金や入金ができるには、国によってはさらに詳しい本人確認が必要になるかもしれません。(例:ビザ、住所の証明など)

お友達やご家族との割り勘は手間を掛けずに

  • 外食から休暇旅行まで、使ったお金を誰とでも簡単に割り勘できます

  • 割り勘にしたい取引や相手を簡単に選択できます

  • 支払を受け取っていない場合は、リマインダーを送りましょう

日本でも割勘サービスがあります。Revolutはその国際版ということです。

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

 

その他のサービス

Revolutのサイトをみると、さまざまなサービスがあります。

1.特典のご案内

これは結構重要です。日本のカードなら0.5~1%程度ポイントキャッシュバックなど様々な特典があります。現在のところRevolutは日本での特典ありませんので、日本国内ではなく海外で利用したい人向けのサービスかもしれません。

というのは、海外で日本のカードを使うと1.6%程度の両替コストがかかります。それにVISAやMasterともに銀行の基準レートに0.5-1%上乗せされた適用レートなので、Revolutカードがたいていお得になります。

あとカード支払いした時のキャンセル、不正利用への対応は日本のカードが強いので、revolutは間違いのない支払先で利用しましょう。

2.apple pay、Google Playが利用できる。

3.貯金箱、予算の設定、団体への寄付

コツコツ貯めるのに利用できます。

4.株式、暗号通貨、貴金属などの商品の売買

5.デバイスや海外旅行向けの保険

Revolutの申込は

→ Revolut からできます。

2020年の夏には、TransferWiseのデビットカードが予定されています。→トランスファーワイズ(TransferWise)のボーダレス口座は2020年夏の予定

日本でもチャレンジャーバンクが伸びていくでしょう。今後のRevolutに注目しましょう。

〔追加情報〕 ブログ管理者は、ソニー銀行のソニーバンクウォレトもチャレンジャーバンクの一つだと考えます。→ソニーバンクウォレットは10ケ国で最強のデビットカード

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です