Revolutでクレジットカードの両替コスト2.2%を節約する方法

最終更新 2021/12/17

海外で日本のクレジットカードで支払いすると、

なんと2.2%~の両替コストが上乗せされます。

Revolutを利用した節約方法を紹介します。

日本のクレジットカードで外貨支払いすると両替コストは2.2%~

海外で日本のクレジットカードを使ったときの両替コスト(事務手数料、税込)が、2.2%~に値上げされました。

三井住友カードの例

→詳しい説明は、三井住友カード 海外取引に関わる事務処理手数料の改定内容と具体例

海外で10万円相当額をカード支払い(orネットショッピング)すると、2,200円も余分に支払うことになります。

日本のクレジットカードなら、たいてい0.5%~1%のポイントが付いてきます。でもRevolutで2.2%を節約する方がずっとお得になります。これからその節約方法を説明します。

注意したいこと

これから説明する方法は、Revolutのデビットカード機能を利用します。よって海外のホテルレンタカーの予約には使えません

※たいてい場合予約時の本人と支払い能力の確認はクレジットカードでして、最後の支払いは別のカードでできるはずです。信頼できる支払先なら支払い時にRebolutカードを利用するとよいでしょう。(取扱22通貨は前もって両替した外貨、その他の通貨は円残高からの引落になります。)

 

Revolut取扱い22通貨での支払い

1.前もって円残高から支払う通貨の外貨に両替します。

ロンドン平日の時間帯に、支払額以上の金額の外貨を準備してください。ふさわしい円残高を入金し、「+チャージする」から外貨残高に追加できます。

主要通貨なら、ウィークデイ(平日)に両替コスト無料(※注1)で両替できます。すぐに外貨に両替され、適用レートも表示されます。

※注1:ロンドン時刻で土曜日、日曜日は、金曜日の最終レートに対してさらに1%の手数料が上乗せされます。

〔取扱い通貨〕

米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、香港ドル、シンガポール・ドル、アラブ首長国連邦ディルハム、タイバーツ、新トルコリラ、イスラエル新シェケル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ、デンマーククローネ、ノルウェークローネ、チェココルナ、ハンガリーフォリント、ポーランドズウォティ、カタールリアル、ルーマニアレイ、

※一部の通貨では両替コストがかかります。例:タイバーツ、ウクライナフリヴィニャは1%など

2.外貨のままカード支払いします。

たったこれだけです。

それ以外の通貨での支払い

1.前もって円残高を用意します。

2.支払い通貨のままRevolutカードで支払いします。

すぐに、円での支払い額、両替レートが表示されます。

※15マレーシアリンギットで支払いした時の例

Revolutの申込は

Revolutからできます。

 

参考情報:使い慣れたレートに換算する方法

1÷(表示されたレート)で計算してください。上の画像の場合 1÷0.0371→1リンギット:26.95円になります。

 

現在の為替レートを知る方法

実際のRevolutのレートと若干のズレはありますが、以下の方法で利用する通貨の両替レートがわかります。

1.日経の為替 ドル円 リアルタイム チャートを下にスクロールすると、多くの通貨の現在レートが表示されます。

2.その他の通貨については、xe.comで、キリの良い金額の円と両替する通貨を選んでください。

※22通貨以外でのRevolutカードでの支払いはVisaを通します。しかし1日1回決まるVisaのレートとは異なります。

※→Visaの適用レート キリのいい金額(例:1000など)、ふさわしい通貨を選び日付を入れると表示されます。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。