受取る国に銀行口座がないときの海外送金

最終更新 2019/05/30

海外旅行中や現地国まだ銀行口座がないとき、どのように日本からの送金を受取れるでしょうか。以下の二つの方法があります。

1.指定受取場所で、パスポートなどを見せて現金を受取るサービス

2. 海外で使えるカードで 、現地国のATMから引き出す

それぞれの方法について説明します。

現金を受取るサービス

〔注意事項〕

1.最近はときどき不正な海外送金が摘発されます。 その影響で以下に紹介する海外送金サービスについても、問題のない海外送金取引を含めて突然 利用できなくなることがあります。 必要な現金を用意できるよう、海外のATMでキャシングできるカードも別途用意することをすすめます。

2.借家契約や自動車購入などのためにまとまった額の現金を持ち歩くと、犯罪に巻き込まれる可能性があります。受け取る金融機関と交渉して受取人の名前で銀行小切手を発行してもらうことをすすめます。

世界中にネットワークがある海外送金サービスと、地域を限定してビジネス展開する会社があります。

1.マネーグラムやウェスタンユニオン

取引規模ではウェスタンユニオン(日本ではセブン銀行などが取扱い)が最大です。

しかし以下の理由でマネーグラム (日本ではSBIレミットなどが取扱い)をすすめます。

SBIレミット(日本でマネーグラムを取り扱う最大手)

1.両替コストは、たいていウェスタンユニオンを扱うセブン銀行よりお得です。

2.ATMもないよほどの田舎町でもない限り、まず受取場所が見つかります。

そのほか盗難などの緊急時に、日本語対応できない端末からでも海外送金の手続きができます。

3.海外のマネーグラムから、SBIレミットに登録した自分の日本の銀行口座へ送金できます。

詳しい情報は→手数料を節約して海外送金する方法 海外で活動する人にSBIレミットは必携! をご覧ください。

受取る国が限定される海外送金会社

いくつかの海外送金会社は、お得なレートで送金することができます。

例:マレーシア→FSA→マレーシアへの送金でお得なFSA アジアの一部→ワールドファミリー など

海外のATMを利用して現金を引き出す

1.クレジットカードの場合、海外キャッシング枠の範囲に限られます。しかし海外キャッシングし、それから繰上返済をするのがお得です。くわしい情報は→のむてつさんのサイト 国際キャッシュカード&海外キャッシング比較をご覧ください。

※海外旅行保険の付くクレジットカードでも海外キャッシングできます。→海外旅行保険90日が自動付帯のクレジットカード 海外旅行保険を90日延長できるクレジットカード 

2. 外貨預金から引き出せるデビットカード

取扱い10通貨から直接引き出せるソニーバンクウォレット、さらにもうすぐ始まるTranferWiseのデビットカード(取扱40通貨以上)などなら、為替レートがお得な時に両替し、必要な時に使うことができます。くわしくは、→ソニーバンクウォレットは10ケ国で最強のデビットカード 〔準備中〕TranferWiseのボーダレス口座とデビットカードをご覧ください。

※ソニーバンクウォレットは、キャッシュレスでカード支払いするのがさらにお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です